Watch

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2017年11月14日 (火)

今年もこの日がやってきました

皆さま、こんにちは。 いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。


去る10月24日(火)~10月30日(月)、
上野東京都美術館にて書道展が開催されました。
例年ならば、6月末〜7月上旬の開催ですが、
今年から会期が秋となりました。
期間中の一番人出が予想された週末は
台風の為、あいにくのお天気でしたが
そんな中でも多くのお客様に足を運んでいただき、
誠にありがとうございました。


私事ではありますが、
今年は
二人の学生の生徒さんが参加してくれた
初めての展覧会となりました。
私自身初めての経験もたくさんあり、
今までとは違うお勉強をさせていただきました。

二人とも展覧会をとても楽しみにしてくれていたようで
会場では他の同世代の作品に触れて刺激を受けたようでした。


こちらは私の今年の作品です。


2017

タイトル
和祠部王員外雪後早朝即時

祠部王員外(しぶおういんがい)が
「雪後早(つと)に朝する即時」に和す

王員外の「雪後早に朝する即時」に唱和する

長安雪後似春帰

長安 雪後 春の帰るに似たり。

長安の都は雪が降りつもったので
まるで春が立ち帰ったようだ。


積素凝華連曙輝

素を積み華を凝らして曙輝に連なる。

しろぎぬを積み重ね、
花を結晶させたものが
あけぼのの日の光に見え始める。


色借玉珂迷暁騎

色は玉珂に借して暁騎を迷わしめ

その色は集参する騎馬のくつわにつけた
玉の飾りにきらきら反射して
いずれがくつわの玉かいずれが雪かと
乗り手を迷わせる。

光添銀燭晃朝衣

光は銀燭(ぎんしょく)に添えて朝衣(ちょうい)に晃(あきら)かなり。

また殿中にともされた燭台の列から発する光と入り混じって
きらぼしとならんだ朝臣の禮服を鮮やかに照らし出す。


西山落月臨天仗

西山の落月天杖(てんじょう)に臨み

そのうちに残月は西の山に傾いて
ほのかに儀杖(ぎじょう)の上にかかっているし、


北闕晴雲捧禁闈

北闕(ほくけつ)の晴雲 禁闈(きんい)を捧ぐ。

北側の宮闕のかなたに晴れてゆく雲は
御殿の門を捧げ持つようにたなびいている。


聞道仙郎歌白雪

聞くならく 仙郎(せんろう)白雪を歌うと。

聞くところによれば、王員外が白雪の歌をうたったそうだ。


由來此曲和人稀

由來 此の曲 和する人稀なり。

むかしからこういう傑作は唱和のできるものが少ない。
もちろん自分の歌なこれに匹敵することなど
とてもおぼつかない話だ。

今年も行草体の作品に挑戦しました。
なかなか納得いく作品には至りませんが。。。
今年も得るものは多い展覧会となりました。

そして。。。
もう一つの記念すべき日は。。。
竜ちゃんの誕生日です!
11月10日で、5歳になりました♪

5_3

お気に入りのバンダナを付けて
ご機嫌だワン!!

本日は少々畏まった内容でしたのでね。。。
ハナレグミ『一日の終わりに』でのんびりリラックス。。。


本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね

2017年10月21日 (土)

気持ちのいい旅 ~【快】~

皆さま、こんにちは。

今月に入り、関東では急に寒くなりました。
秋を飛び級して一気に冬の空気です。
くれぐれもご自愛いただき、お風邪などひきませんように。。。

さて、先日法事で長野県松本市へ行ってまいりました。
出発の朝まで天気予報は大雨。
一泊のわりに荷物が多いので心配していました。
けれど朝目覚めてカーテンを開けると雨は止んでいました。
まだ雨に濡れた舗道が、つい先ほどまで雨が降っていたことを知らせてくれました。
    
やはり天気に恵まれるとそれだけで気分が軽くなります。
これが今回の気持ちのいい旅の始まりでした。

今回は新宿からあずさに乗車し、松本へ向かいました。
実は法事のほかに、個人的にもう一つ目的がありました。
それは『諏訪湖』でした。
というのも、去年大ヒットした映画『君の名は。』をDVDで見たばかり(笑)
この映画の舞台となっている湖のモデルが
諏訪湖だという話を
ネットで目にしたからでした。
あずさは諏訪湖のほとりを走る為、車窓から眺めることが出来ます。
本当は下車したいところですけれどね(笑)。。。
それでも諏訪湖が見えてくると感動のワンシーンが目の前に鮮やかによみがえってくるのでした。


Photo

あずさの車窓から諏訪湖を望む

松本駅から法事へ直行。
この時たまたま乗ったタクシーの運転手がとても気さくで
結局法事の後もしばらくお世話になることになりました。
法事はつつがなく執り行われ、遅いランチへ。
松本城のそばに店を構える『三城』。
白壁に注意していないと見落としてしまうほどの小さな暖簾。
店構えからもその並々ならぬこだわりを予感させました。
ギャラリーのようなシンプルで和風モダンな店内。
対応してくださった女将さんが、ご高齢とはいえ粋で美しい。
蕎麦はコースになっていて。。。
少し太めの歯ごたえのある蕎麦はとても美味しかったです。
お蕎麦には、お店オリジナルの蕎麦に合う日本酒、
なめこおろし、糀で漬けたようなお味の甘めのお漬物、
花豆、(なぜか?)薬味二つ。
お蕎麦と日本酒はおかわりができるようでした。
隠れ家のような大人の時間が楽しめるような素敵なお店でした。


75

三城のお蕎麦


お蕎麦を愉しんだ後は時間調整のために松本市美術館へ。
あまり時間がたくさんあるわけではなかったので、
松本出身のアーティスト草間彌生氏と書道家上條信山氏の常設展示
を拝見。芸術に触れた贅沢なひと時でした。
Photo_2
松本市美術館


気持ちの良い秋晴れの空に日本アルプスの山並みが本当に美しかったです。
少し残念だったのは、いつもならあちこちで見られる自生のコスモスが全く咲いていなかったこと。
伺ったところ、今年のおかしな天候のせいで
コスモスが見られなかったのだそう。
こんなところにも今年の不順な天候の影響が出ているのを知りました。


Photo_3
松本市内の眺め


写真はないのですけれど、お世話になった宿も
サービスが素晴らしかったです。
規模が大きなわけではありませんでしたが、
スタッフの方々が気持ちよくお仕事をする姿は、
社員教育が行き届いている感じがしました。
ラウンジでは大きなソファーでゆっくりと流れる時間を
愉しんでいると無料で美味しいコーヒーが運ばれてきます。
こちらも静かな大人の宿といった感じでした。

行く先々で爽やかなおもてなしをしていただいて
こんなに心穏やかに過ごせた旅なかなか経験できないとおもいました。
本当にいい旅でした。


Photo_4
帰りのスーパーあずさ

本日は、『快』です。エンヤの『Book of Days』とともに。。。

Photo_5


本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね

2017年9月 5日 (火)

天地始めて粛し。 ~【季】~

皆さま、こんにちは。

大変ご無沙汰してしまいました。

皆さま、お変わりありませんでしょうか?

最近のわたくしはと言いますと。。。
おかげさまで、今年に入り書道教室に新しい生徒さんが数人加わり、賑やかになりました。
歩みののろい私は、一人一人とゆっくり向き合う方法しか知らなくて。。。
のんびり教室をしています。

さて、私、お知り合いの方からこんな本を頂きました。


『日本の七十二候を楽しむ  -旧暦のある暮らしー』

72


この本は日本には四季だけでなく、二十四の気と七十二の候という季節があることを
簡単な短い文章と素朴なイラストで解説しています。
古来より日本人の繊細な感性がとらえてきた季節の移ろいを様々な風俗から
楽しく知ることが出来ます。

どこからでも、いつからでも簡単に読めるのでとても楽しい本です。
書道を書く際の参考になるのでは?とのご配慮からでした。


気候がおかしいと言われ始めて何年もたちますが、
今年の夏は本当に変でした。
関東では何日もお天気が続き、水不足を心配したかと思えば
今度は日照不足で野菜の不作が話題になったり。。。
日ごとの寒暖の差も激しくて本当に秋は来るのかしらんと思っていました。
けれど八月末から朝晩めっきり涼しくなり始め、
九月の声を聞くころにはきちんと『秋』でした。

今の季節は、この本では『処暑 天地始めて粛(さむ)し』と表現されていました。
夏の暑さがおさまり、万事あらたまるのだそう。

この『粛』とは、『引き締める』の意味。
昔の日本の人々は、夏が終わり、新たな季節に身を引き締めたのかもしれませんね。

四季の変化が豊かな日本。
これからも変わることなく季節がきちんと巡ってきますように。。。
季節とともに世の中も色々なことが変化しつつあるようです。
私も身を引き締めなければいけませんね。。。


今回は『季』と書きました。割と素直に書いてみました(笑)
ともにお楽しみいただくのは、『夏の終わり』森山直太朗さんです。(これも直球ですね(笑))

Photo



本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね


2017年3月12日 (日)

目黒散歩 〜【さんぽ】〜

皆さま、こんにちは。 いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。 本日のお話を聞いていただく前に。。。 昨日で東日本大震災から6年が経ちました。 あの日多くの人々が傷つきました。 少しずつ街は復興し、元の風景や生活を取り戻しつつあります。 けれどまだまだ道半ば。。。 これからも私達はあの日のこと、そしてその後の多くの人達の復興の努力を これからも見つめ続けていかなければいけないことを改めて想います。

さて、遡ること昨年暮れ。
私は親友に誘われて目黒の街を一日歩きました。
考えてみれば、こんなに近いのに目黒をゆっくり歩いたことがありません。
これは盲点!と親友の提案にワクワク♪
ジョガーパンツにスニーカーという格好で出掛けました。
この日、私が自宅にスマホを忘れたことに気づくというハプニングからのスタートとなりました(笑)。

JR目黒駅東急線改札口で待ち合わせ。
まずはランチへ向かいます。
親友のオススメのお店までのんびり歩いて10分ほど。
果実園リーベル目黒店に入ります。

ガラスケースに並ぶ、フルーツ盛りだくさんのケーキが美味しそう♪
友人からここのランチのオススメはフルーツとローストビーフの盛り合わせ
ときき、早速注文。
詳しくは以下のHPをご覧ください。
(スマホ忘れましたから写真はありません、笑)

果実園リーベル目黒店

お店を後にしたのは、1時間半後のことでした。
そしてこの日の1番の目的の目黒不動尊へ。

Photo

都会の街中とは思えないほどの落ち着いた雰囲気。
凛とした空気感の中、自然と厳かな気持ちになりました。
境内のなかにはいくつものお堂があり、
1時間以上時間をかけ、一通りお参りしました。
境内には冬桜が参拝者を笑顔にしてくれていました。


Img_4069


雑貨屋さんみたいな〜という私のリクエストに付き合ってもらい、
雑貨屋さんが多い、中目黒方面へむかいました。
私がリクエストしたお店です。
『BRICK&MORTAR』

素敵な雑貨屋さんをほんの一部ですけれど載せておきます。


ぷ〜らぷらあちらこちらのお店を覗きながら、おしゃべりも忘れてはいません、笑。
少し歩き疲れて一休みしたくなって。。。
せっかくオシャレな中目黒なのでそれらしいオシャレなカフェを探していたら
運良く見つけました!
目黒川沿いのカフェ『HUIT』

なんだかアメリがクレームブリュレを楽しんでいそう。。。(笑)

古びたお店の佇まいがむしろいい雰囲気を醸し出していて、
美味しいケーキとコーヒーでつかれも回復です。
気がつけば、とっくに陽も落ち、目黒川沿いにはイルミネーションが
点り始めていました。
私達は最後の目的、中目黒駅まえのイルミネーションへむかいました。
冷たい澄んだ空気の中でキラキラ灯る美しい光の粒にすっかり魅せられてしまいました。


1

親友がとてもよく下調べしてくれていたので
一日歩いたにもかかわらず、あまり疲れることなく楽しい目黒散歩を楽しむことができました。
楽しい時間をありがとう!
そして写真もね!笑
またいこうね。。。


今日は『さんぽ』です。
村松健さんの『雲の澪を行く』とともにお楽しみ下さい。

Photo_2



本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね

2017年1月16日 (月)

小さな展覧会2017

皆さま、こんにちは。

いつもお立ち寄りいただきありがとうございます。

新年を迎えたと思ったのもつかの間、気が付けば一月も半ば。。。

小正月も過ぎ、日常生活をすっかり取り戻している頃でしょう。

さて。。。
去る1月7日から1月11日の期間私の所属する社中の展覧会が、
JR山手線大崎駅直結の『O(オー)美術館』にて
開催されました。
上野の東京都美術館での展覧会とは違い
題材も表現方法もほぼ各自の裁量に任されています。
普段書道と接する機会の少ない方にとっても
気楽に楽しんでいただける書道展です。
私も拙いものばかりですけれど、
全て書体の違う作品を目標に
4作品を出品させていただきました。

一つ目は、『重箱』。
今年の共通のテーマ『お正月』のもと、
全員が自由に表現しました。

この言葉を選んでみて初めて気が付いたこと。
それは、『重箱』一画一画が単調な縦線と横線ばかり。。。
少し後悔。。。(笑)
でも。。。それならばと気を取り直し。。。『箱』をこんな形にしてみました。

Photo

これも全員が好きな言葉を書いた一字書。
私は『布』と書きました。


Photo_2


こちらは『孫過庭(そんかてい)』という人が書いた『書譜(しょふ)』という作品の臨書です。
臨書とは、自分の個性を出さずひたすらお手本に忠実に書く書道の練習法の一つです。
原書の足元にも及びませんが、とてもいい勉強になりました。


Photo_4


Photo_7


そして最後は現代女流歌人『生方たつゑ』の歌です。

『いのち噴く(ふく)
季(とき)の木ぐさの
ささやきを
ききて
ねむり合ふ
野のほとけたち』

この短い歌の中に
いのちの息吹とその傍らにある静寂のコントラストが
見事に描き出されているところが気に入り作品にしてみたいと思いました。
Photo_5


George Winston: Living in the Countryを聴きながら。。。


期間中はお天気にも恵まれ、
多くのお客様をお迎えし、
つつがなく閉幕することができました。
ご来場いただいた客様並びに様々なサポートをしてくださった皆様
本当にありがとうございました。

本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね


2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます。


Photo_2

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
今年が皆様にとりまして素晴らしい一年となりますように。。。

今年ものんびりペースで書いてゆきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

いつもお立ち寄りいただいている感謝を込めて。。。
新年は『The Rose』から始めます。。。
素敵なお正月をお過ごしくださいませ。

本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね

2016年11月10日 (木)

お誕生日 ~【たいせつ】~

ご無沙汰してしまっています。
いつもお立ち寄りいただきありがとうございます。

急に冬本番の寒さが到来しました。
みなさまお風邪などひいていませんか?

気がつけば、かぼちゃのお祭りも終わり、
今年もあと2ヶ月を切りました。
大きなイベントはありませんが、
新たな年の足音も微かに聞こえ始める霜月。
新しい手帳を用意するのもこの時期。
そして。。。
数年前から我が家にとって忘れてはならない
この時期の大切なこと。。。
それは竜の介くんの誕生日。
本日、4歳になりました!

Photo

えっ?な~に???

本人はなんのことやら???という感じですが
今夜の竜ちゃんのディナーは
大好物の簡単手作り鶏胸肉のハム♪
これからの一年、
竜ちゃんにとって楽しいことばかりでありますように。。。


竜ちゃんは私の大切な家族。。。
『たいせつ』と書きました。
たいせつな人やものを心に想いながら。。。
西村さんの素敵なピアノの音色とともに。。。
『夢を追いかけて』
Photo_3


本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね

2016年9月14日 (水)

コースターに書いてみました

皆さま、こんにちは。

まずは大雨の被害に遭われた地域の方々にお見舞い申し上げます。

気が付けば、2カ月ほどご無沙汰してしまいました。
もう秋雨の季節。。。

さて少人数でのんびり書道のお稽古をしております当書道教室。
なるべくお正月と8月は普段のお稽古ではしないことを
体験していただきたいと考えています。
そこで今年はコースターに好きな文字をかいてみよう!!
ということになりました。
8月には準備が遅れてしまったので、
今年は9月の第1週になってしまいました。


幸いなことに、
ちょうど9月より新しい生徒さんが参加することになりました。
とても賑やかなそして真剣なコースター作成となりました。

一生懸命半紙に手をうごかして文字を試案する方。。。
五體字類(様々な書体の文字が掲載されている字書)を
真剣に引いている方。。。
私にいろいろと質問して下さる方。。。

それぞれ取り組み方が違うのも興味深いところでした。

2時間のお稽古時間もあっという間。
みなさんの作品はこんな感じに出来上がりました。
それぞれのコースターの並べ方も生徒の皆さんの
アイデアです。


3_2

こちらの生徒さんは秋の果物シリーズ。
思わず今年の秋の味覚が楽しみになってきますね!
簡単な文字の組み合わせの『くり』が一番むずかしかったようです。


1


こちらの生徒さん花鳥風月を選びました。
並べてみたら文字と文字の間隔(余白)が気になったようでした。
でも素朴な書きぶりがステキですね。


2

こちらの生徒さんはこの日がお稽古初日。
とてもそんな風には見えない堂々とした筆遣い。
難しい文字にチャレンジしました。

4_2

そして最後が私。
一番下手ですね〜(汗)
四季の折々の花を選びました。
この後、パウチや額に入れるなどして
それぞれがコースターを楽しむとのことでした。

私も普段見られない生徒さん達の表情が
とても新鮮でした。
私自身、皆さんで楽しめるものを考えるのも
楽しみの一つです。

今日は去りゆく夏を惜しみつつ。。。
手島葵さんの『さよならの夏』をどうぞ。

本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね

2016年7月 7日 (木)

展覧会2016

皆さま、こんにちは。 いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

今年の上野東京都美術館での書道展覧会は、
昨日無事に閉幕いたしました。

今年は、真夏かと思ってしまうほどの暑さの日もありましたが
たくさんのお客様をお迎えすることが出来ました。
本当にありがとうございました。
私個人としても今回の展覧会では
久しぶりの再会を果たすことができた親戚や友人、
そしていつもお世話になっている鍼灸の先生ご夫婦など。。。
書道そのものの充実だけでなくて
書道が人と人との絆をつなげてくれたという実感を
持てたことも嬉しい出来事でした。

今年も昨年と同じ『全紙二枚継』(70cm×272.6cm)
というサイズの作品を出品いたしました。

2016


以下原文、読下し文、訳文の順にご紹介させていただきます。
 
『春思』  皇甫冉 詩

鶯啼燕語報新年
鶯啼燕語(おうていえんご)新年を報ず
鶯は啼き、燕は語り、春の来たのを知らせれど

馬邑龍堆路幾千
馬邑龍堆(ばゆうりゅうたい)路幾千
(夫は)馬邑龍堆(地名)のはるか遠く

家住層城鄰漢苑
家は層城に住して漢苑に鄰し
(夫は戦で北の地にいて)私はこうして都に住み御苑のほとりに暮らしていても

心随明月到胡天
心は明月に従って胡天に到る
心は月に随って夫のもとへ通います。

機中錦字論長恨
機中の錦字長恨を論じ
(夫が戻らぬ)尽きぬ恨みを廻文の錦に織って告げようか

楼上花枝笑獨眠
楼上の花枝獨眠を笑う
二階の窓に咲き満ちた花も私の独り寝をあざ笑っているかのよう

為問元戎竇車騎
為に問う 元戎竇車騎
お尋ねします、将軍様

何時返旆勒燕然
何れの時か旆(はた)を返して燕然に勒せん
いつになったら凱旋して燕然山の石の上に戦の手柄を刻めるでしょう


戦で北の地へ赴任してなかなか戻らない夫を
待つ妻の気持ちを表現した漢詩です。

そういえば今日は7月7日、七夕。
この漢詩の内容と重なりました。
離れ離れの二人。。。今夜は逢えるといいですね。。。

本日の音楽は『星に願いを』です。

本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね

2016年6月27日 (月)

道を尋ねられるということ ~【たづねる】~


皆さま、こんにちは。

まずは今回の大雨で被害を受けた地域にお住まいの方に
お見舞い申し上げます。

関東南部ではそこそこ梅雨らしいお天気が続いているにもかかわらず
関東北部の水がめは水位が下がる一方だとか。。。
これからが夏本番というのに心配です。

せめて梅雨らしい雰囲気だけでも。。。

Photo

『万華鏡』という名の紫陽花

さて。。。
突然ですが、
私は道を歩いていると、道を尋ねられることが多いのです。
最近に始まったことではありません。
毎日ということではありませんが(笑)
多いときは一週間のうちに2、3度。。。
尋ねて下さる(笑)方は老若男女を問いません。
つい先日も
JRの隣の駅まで歩いてゆくとの事で道をたずねられ。。。。
(電車が一番早いですよ~)〈心の声〉


もちろん、
私の知っていることでお役に立てるのは嬉しいのですけれど。。。

以前勤務中、制服で外出した際、
外出先で地元勤務の会社員と勘違いされ、
不慣れな街の道を尋ねられて困ってしまったことがありました。
答えない(答えられない)と
わざと関わらないようにしていると思われやしないかと
一人不安になり。。。笑。

またある時は、地下鉄の車内で、私自身が少々取り込み中に、
旅行中と思しき家族連れの外国の方に
乗り換えを尋ねられ。。。それも英語!
この時は私が間違った案内をしてしまい、
ご迷惑をかけてしまいました。
車内なので逃げ場がない中、片言の英語でしどろもどろになりながら
謝罪した記憶があります。
幸いにもラテン系の明るくて優しい方々だったので
OH〜!┐(´-`)┌ですみました、笑。


以前は道を尋ねられることを
『そんなにお人好しに見えるのかな。。。』と
私自身のマイナスのイメージとして捉えていました。

けれどようやくここ数年
本当にそれだけなのだろうか。。。と
少しプラスの方に針が振れるようになってきた気がします。
若い頃よりわずかばかりではありますが、
人間関係が広がり、経験を重ねることで
少しだけ多面的に物事を
捉えることができるようになったのかなと。。。


お人好しは、親切ともいえます。


そして何より自分自身が他人にものを尋ねようと考えた時、
見ず知らずの人であればあるほど
信用できそうな人を選ぶことに気が付いたことです。

社会では他人に信用してもらうということは
とても大変なことであり、ありがたいこと。

人に道を尋ねられるということは
見ず知らずの他人に瞬間的に信用してもらえたと考えれば
プラスに捉えてもいいのかも知れないと
考えるようになりました。
道を尋ねてもらえること。。。
わるくないですよね。。。笑


今日は『たづねる』と書きました。
ボサノババージョンで『Stand by me』とともに。。。


Photo



本日もとりとめもない話にお付き合いいただき、
ありがとうございました。


日本書鏡院展のご案内
於:東京都美術館 2階第1~第3展示室
日時:6月29日(水)~7月6日(水) ※7月4日(月)は休館日
  9:30~17:00 ※最終日の入場は15:00まで
書道にご興味のある方は気軽にお立ち寄りください。
入場無料です。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村ポチッとね


«衣替え ~【衣】~